<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ヤーレン ソーメン
炭水化物だいすき。
よって、麺類もだいすき。
よってよって、素麺もだいすき。

色んな素麺料理があるけれど、
氷のゴロゴロ入った氷水の中からヒョイっとすくい上げ、
ちょっとワサビが効き過ぎ位のめんつゆにつけて、
ズズッと食べる夏場の素麺がやっぱり一番。
素麺のお供はお店によって、家庭によってと、いろいろあるけれど、
子供の頃、母親が作ってくれた素麺には、キュウリ・ハム・卵の千切り、
そして時には濃いめに味付けした煮椎茸の千切りが入ってたっけ。
懐かしく、ホッとする、思い出の味。

そんな素麺好きの私、
素麺の消費量が落ちている、と以前何かの記事で目にして、ちょっと寂しい気持ちになった。
そうなると、当然素麺メーカーも焦るわけで。
素麺といえばの、「揖保の糸」、もちろん例外でないわけで。
お店展開に力を入れたと聞いて気になっていたこちらに、ようやく訪店。

感想、、、微妙。
微妙すぎる。
ランチタイムの素麺料理全てに、白米と漬け物がセットでついてくる。
つまり、具なしの素麺(温・冷)にも、白米と漬け物のセット。
見た目、味、栄養面、どっからどう見てもバランスが悪い。
そして、私が頼んだ煮込み素麺。
ソッコーで伸びてしまい、いかに素麺が煮込みに向いてないかを思い知らされる。
これがうどんだったらどれだけいいだろう、と思ってみる。
で、最終的にはうどん並の太さになっていた。

これで素麺の消費量があがるとは、到底考えがたい。

RIMG0001.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ターラコー
目黒の老舗スパゲッティー屋さん、「ダン」。
こちらは、開店の1976年以来、しつこい位「たらこ」にこだわっている。
メニューをみると... なるほど、そのほとんどに "たらこ" の文字が。
tが頼んだ、「たらこ・うに・いくら」の定番から、
私が頼んだ、「たらこ・梅・大根おろし」という珍しい組み合わせのものまで、
たらこスパに対する相当な意気込みが感じられる。

味は、たらこが主役とはいえ、たらこだけがやたら目立つわけではなく、
他の具との味わいのバランスが絶妙に計算されている。
クリーミーなんだけれども、バターのもったりさは残らず、日本人好みの味。

そして何より、麺がウマい。
ちょっと太めで、うどんのようなモッチリ感があるものの、きちんと芯が残ったアルデンテ。
たらこの粒が程よく絡んで、抜群の相性。

ただ、とにかく量が少ない。
大盛りにしてやっと普通の量が食べられる。
でも、量の割には値段はいっちょまえについているので、
初めて行って普通盛を注文した人は大抵裏切られた気持ちになると思う。
どおりで、食べている途中にお店にやってきた女の子達はみんな大盛りでお願いしていた。

おいしいからこそ、満足する量を食べたいと思うのは当然のこと。
店員の方も、せめて注文の時に一言添えてくれればいいのになぁ。
相当小食でない限り、男性の方は必ず、大盛りをどーぞ。

RIMG0001.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
blind test
地域限定で発売される、
色んな品々の、色んな味。

初めて夕張メロン味のジャイアントポッキーを食べたときは、
「チョコが少なすぎの、クッキーが多すぎで、結局、定番の味が一番」
と思った。

初めてジンギスカン味のキャラメルを食べたときは、
「おえ゛っ」
となって、零コンマ3秒で吐き出した。

そんなわけで、正直ロクな思い出がない。

そんな中、mtoさんからいただいた上海土産。
... 見るからに怪しい。
「大丈夫、俺食べて体調壊さなかったから」
と、全く安心感のわかないコメント付き。

別に毒味というわけでなく、あくまで楽しみの一環として、tへのブラインド・テストを決行してみる。
「あ、何これ、辛いお好み焼き?」。

人間の思い込みって怖いですね。
でも何より、化学調味料大祭りの強引な味付けが怖い。

RIMG0001.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
食欲遺伝
恵比寿でランチ。
メンバーは高校時代の友人3名、+そのうち2人のキッズ2名。

4人全員が今や結婚し、そのうち2人がママだなんて、
つい最近まで夏の部活後にホースで水浴びして(その後びしょ濡れになったジャージをベランダに干して)、
帰りにポカリ飲んでアイスボックス食べて(途中でポカリをアイスボックスに入れていい感じに溶かして)、
くだらなすぎる事で床に仰向けになってうざい位大笑いしていたのに(←わかる人にはわかる懐かしネタ)、
時間とは本当にあっとゆー間に過ぎていくものなんだな、とあたり前の事を再確認。

皆色んな道を選び、色んな生活スタイルを送っているけれど、
こうやって健康体で笑顔で会えるのは実に幸せなことだなぁ、と思った。

それにしてもキッズ達は親によーくよく似ている。
顔も、行動も、好みも。
久々に食べるハヤシライスをつつきながら、
斜め横に座るariジュニアの並半端じゃない食欲を見て、そんな遺伝子のパワーを実感。

RIMG0005.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
蕎麦 around the world
蕎麦。
私のたいへん好きな雑穀のひとつ。

もり・かけ・ざる なんかいくら食べても飽きないし、
蕎麦がきや蕎麦団子なんてのもたまらない。
最近は、蕎麦茶にもハマっている。
香ばしいお茶といっても、麦茶のような庶民的な味わいとはちょっと違う、
その特別な香りがたまに無性に恋しくなる。

そして、日本に限らず世界中で、地域特有の調理法によって食されている蕎麦。
ネパールではじゃがいもや小麦粉を混ぜたそばがきのようなものを食べているし、
ロシアでは「カーシャ」という水分少なめのおかゆや、キャビアなんかをのせて食べる小さなパンケーキがある。
日本でも大人気となった朝鮮半島発祥の冷麺も、種類によるが蕎麦粉でできている。

日本で人気と言えば、フランスのガレットもそう。
小麦粉で作るクレープとは全く違う香ばしさを、あの薄ーい生地でしっかりと味わえる。

今回食べた創作ガレット:
紫キャベツ、トマト、ワサビ菜、オレンジ、ビート、ゴルゴンゾーラソースがかかったものも相当イケてたけれど、
やっぱり伝統の味、ハムチーズ卵の最強タグには勝ち目ないわ。

RIMG0001.JPG

RIMG0002.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit