<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
eat more greens
恒例の、okdさんとのマクロビ巡り。

今回は、麻布十番にある"eat more greens"へ。
こちらでもやはり、地域柄、外人のお客さんがチラホラと。
sykさんも参加の、3人ランチとなりました。

3人とも違うものをオーダーしたのだけれど、
okd: タコライス(でもマクロビだからもどき)
syk: 野菜カレー
わたし:スープ&サラダプレート

うーん、どれもいまいち。
いわゆる、マクロビへの先入観にありがちな
「薄味」
「満足感のなさ」
を感じてしまいました。
なんかこう、一品一品のきちんとした味が感じられず、大味な仕上がり。
でも、マクロビなわけだから大味になってしまうとどこにもパンチがなくなる。

これは、前回のJ's Kitchenが完全勝利ですね。
素材のきちんと感が味わえます。
つまりは、マクロビをおいしく味わうには、丁寧なこしらえが必須というわけですね。
大雑把なわたしが作るには、苦手分野なのかもしれません。
たまーにはいいですけど、たまには。

RIMG0001.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
捕虜ブタ
前に勤めていた会社のxmas party。

毎年、とても気合いの入るこのパーティ、出される食べものも半端でないです。
昨年は、石釜で焼かれる、粉からこねて造ったピザや、
駐車場に作られた装置で燻された色んな薫製だったり。
屋上では、臨時おでん屋台が作られて、八代亜紀の曲とともに昭和な気分が味わえました。
デザート担当の私は、ミニシュークリームで巨大クロカンブッシュを作りましたが、
見事に途中からポロポロと崩壊していました。

そして今年。
目玉は、ブタ。
なんと、丸焼き。
丸ごと焼かれているその姿もシズル感たっぷりでしたが、
祭のあと、バットにのっていたその頭を見て、何とも言えない気持ちになりました。

ダイソンの皆さんに差し入れされたケーキの形は、なんとdyson掃除機。
コーンのサイズと数が、あまりに実物と違うのがかなりツボ。

RIMG0002.JPG

RIMG0005.JPG

RIMG0003.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
蕎麦の喉越し。
masと恵比寿の玉笑で蕎麦。
蕎麦殻の粒子が麺の中にギッシリ見て取れて、
たいへんに美味しいお蕎麦です。

でも、その量はたいへんに少量。
正直、どう考えてもコストパフォーマンス悪すぎる。

蕎麦は喉越しを楽しみたいわけで、
ズズズっとすすっているうちに香りもたってくるというもの。
でもこれだと、香りを楽しむも何も、ノってきたころに蕎麦終了。

にしても、蕎麦の本当の喉越しは、噛まずにそのまま飲み込んで楽しむらしいけど、
どうも、喉に何かつまったあとに米粒を飲み込むあの感覚とかぶるのは私だけでしょうか。

RIMG0001.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
seasoning w/cookies
クリスマス。
このfestiveな気持ちを盛り上げるには色んな方法がありますが、
私はとりあえず定番のgingerman cookiesを作ることにしました。

人形の形をした、ginger(しょうが)入りのスパイシーなクッキー。
実は、このクッキーの背景にはちょっとしたお話があります。

ある日、お腹をすかせたおばあさんがいました。
おばあさんは、おじいさんと一緒に食べるクッキーを焼くことにしました。
ところが、焼き上がった人形型のクッキーを取り出そうとオーブンを開けた途端、
gingerbread man(つまり、クッキー。)は飛び出して逃げてしまいます。
彼(つまり、クッキー。)を捕まえようと、おばあさんとおじいさん、
更にはその後出くわすブタ、ウシ、ウマが後を追いかけますが、
素早いgingerbread manは逃げ切ります。
やった、逃げ切ったと安心するgingerbread manですが、そのうち川がでてきます。
クッキーである彼が濡れるわけにはいかないので、そこで会ったキツネのおコトバに甘えて
(というか普通に騙されて)背中にのって川を渡るのですが、最後にはうまいこと食べられてしまいます。

という、お話。
まぁ、そんなお話を子供達に聞かせつつクッキーを隠してみたりして、
「あ、gingerbread manが逃げちゃったね」
と聞いた子供達はめちゃワクワクするという、可愛らしい楽しみ方ができるわけです。

いずれにしても、人の形をしている時点でものすごい愛着わきます。
途中、腕がもげたりひん曲がったりした子には、少々心が痛みました。
そして、人にプレゼントしようと袋詰めしていると、
まるで娘を嫁に出す親の気持ちになれました(経験したことないけれど)。
今年のxmas seasoningは、gingerman cookiesで。

1.JPG 小麦粉、ベーキングパウダー、塩、シナモン、オールスパイス、ナツメグ、クローブを合わせる。

2.JPG 砂糖、バター、はちみつ、レモン汁、レモン&オレンジの皮は鍋で温め混ぜて、粗熱とる。

3.JPG 皮の削がれたオレンジ&レモンはベランダに干して後日ヴァン・ショー用に。

4.JPG 常温になった鍋の中に卵も混ぜ入れたら、粉類と合体。

5.JPG ボールでまぜまぜした後、テーブルの上でこねこね。

6.JPG ひとまとまりにしてラップにつつみ、冷蔵庫で4、5時間ねかす。

7.JPG 冷蔵庫から取り出して、ちょっとずつ取り分けては綿棒でのばす。

8.JPG 小さいgingermanをたくさんつくる。

9.JPG 大きいgingermanもつくる。

10.JPG 行儀よく整列。

11.JPG 焼き上がったら顔を描いたりボタンをつける。

12.JPG アイシングがすぐ固ってしまうのでいびつな顔はご愛嬌。

13.JPG 目が飛び出ていても大目に見る。
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
カプチーノじゃなくて。
一風変わったパンケーキと、コロンとしたカップケーキと、可愛らしい内装で人気の、
代々木上原のciappuccino(「チャプチーノ」ね)。
スウィーツ作り&ケータリングをしているakiと、ランチで初訪問。

きちんとした食事になるよう、おかず風にアレンジをきかせたパンケーキを作ってくれる。
つまり、これがその、一風変わっているといわれる所以。
"アボカド&シュリンプ"
"カボチャ&地鶏"
"ツナカレー"
やらを頼んでみる。
うん、おいしい!でも、正直こういうアレンジは誰だって思いつくわけで。
クレープと同じような考え方となるわけで。

本当の、決定的な特徴は生地にありました。
薄いくせにふわふわ。でも、口に入れるともちもち。
akiと、タピオカ粉でも入れているのかねぇー、と話していたところ、
どうやら秘密はイースト菌を使用しているところにあるらしい。
珍しいですね、パンケーキにイースト菌。

このふわっふわもちっもちの生地は、当然ながら甘いものとの相性も抜群。
"マロングラッセ&クリーム"
おいしいのだけど、正直、おかずパンケーキもクリーム系をわりとたっぷり使用していたから、
この頃になると粉もんの拡張効果とダブルで胃袋にかなりドッシリきます。

でもそんなことも思いっきり無視して、ガラスケースにコロコロと可愛らしく並んでいた
塩バターキャラメルのカップケーキをakiがひとつ注文。
一口ずつだけ食べて2人ともギブアップ。
それでも、やっぱり塩バターを最初に考えた人は天才だよね、と余裕の会話をしながら、
なんだかんだでしっかりとそのカップケーキも満喫しました。

生地があんなに美味しいのだから、もっとサッパリした味わいのメニューも増やせばいいのに。
満足しておきながらも、ちょっと惜しい気持ちにさせられたパンケーキでした。

RIMG0006.JPG

RIMG0007.JPG

RIMG0008.JPG
permalink | comment(1) | trackback(0) | edit