<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
やっぱり
やっぱり、これにまさるご馳走はありません。

五目煮(おばあちゃんの自慢の一品)
ホタテの甘辛煮
イカと根菜の煮物
ちらし寿司(ぜいたくに今回はうなぎのせ)
サラダ
海老フライ
すき焼き

おばあちゃん&おかあさんの味は、やはりなんとも言えないおいしさです。
そして何より、あぁやって大人数でテーブルを囲むのはほんと幸せ。
いくつになっても、いつの時代も。

法事で帰った、奈良での一晩。

gochiso.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
シャンパンとおつまみ
kneが以前報告してくれた、中島デコさんのbrowns field行きの話。
とうとう、出発の日が来ました。

そんなわけで、六本木でシャンパンを開けてお祝いし、
タラバ蟹と巨峰のサラダなどのアレコレをおつまみし、
ただただ、語りまくる。

さらに、ものすごく気候の良い日だったので、
テラス席が気持ちいい、気持ちいい。
お酒もお箸も、止まりません。

そして、kneが前にこのレストランのイベントで一等賞を当てたため、
なんとこの日の飲食はお店にごちそうになりました。
ごちそうさまです。

kne、気をつけていっておいでね。
そんで、めっちゃ満喫してきてね。
来年、yukと必ず遊びにいくからね。

RIMG0003.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
simplicity
家からふらっと出かけられる距離にあって、
目立たぬように、ひっそりと、
店を構える一軒のレストラン。

過度な華やかさは一切、無し。

あるのは、
文句なしの味
丁寧な接客
楽しい会話

そして、
一緒に訪れる大好きな人。

本当に特別な時間には、
実はあまり多くは必要なかったりする。
とってもとってもシンプルなものが、
とってもとっても尊い気持ちにさせてくれる。

最高の記念日を、ありがとう、t。

RIMG0071.jpg

RIMG0073.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
おひさしぶりね、の再会。
表参道で働いていた時、よくランチを食べに出かけていた、Kuh。
でも、今はイタリアンのお店となっていて、
私がハマっていた、もっちり玄米の定食は食べられなくなってしまった。

ところが今回、okdさんとの久々のランチで訪れたテーブルスタジオ・タキトーで、奇跡の再会。
お店に入ると、入り口まで出迎えにきてくれた、眼鏡をかけたオシャレな女性。
「あれ、この方、絶対どこかで会ってるはず...」
もの凄い勢いで1人記憶を探っている横で、その方と話を始めるokdさん。
どうやら、その方が前にやられていたお店から、常連さんとして通っている様子。
「Kuhの頃は...」

あ、そうだ!Kuhの人だ!
一気にスッキリとしたところで、その方:itoさんにいろいろお話を聞いていると、
Kuhの後に一時勤めたのは、偶然にも私が今年結婚式をあげるホテル。
さらに、このテーブルタキトーには、以前ypiがクラヤミ食堂を開催したときにお邪魔したことがあったので、
その話をしていたところ、ypiとitoさんもお友達のようで。
なんだか人とのつながりって、奇跡やら縁やらが上手いこと絡み合っていて本当に不思議なもんだ、と改めて実感。

そして、肝心の、久しぶりのKuhの味。
もちろん、とってもおいしかったー。
酵素玄米は、手間ひまかけられているだけあって、
モッチリ加減がハンパじゃない。
もちろん、おかわりさせてもらいました。

テーブルスタジオ・タキトーでは不定期に食事を出されているようで、
また今度いつどこでitoさんのご飯が食べられるか、とても楽しみ。

itoさんの人柄と、身体に嬉しい食、
そしてokdさんの相変わらず楽しい話が詰まった、
大満足のおひるごはんでした。

RIMG0005.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ナゾのニホンゴ
ほんとに失礼な話。
ほんとにほんとに失礼な話。
だけど、きっとみんなも経験あるはず。

外食先で、外国人の店員さんが対応してくれた場合。
たまーに、日本語の発音がものすごく個性的だったりする。
言葉の使い方もさることながら、イントネーションが思いっきり外れてたりする。

これって、本当に困る。
聞き取れないだけなら、聞き直せばいいだけのことだから、問題ない。
とにかく困るのは、そのユニークな日本語に反応せずに笑わないでいるということ。
出席した結婚式に、時たま登場する外国人の神父さんと同じこと。

tと入ったインドネシア料理のお店のメニューに、
「本日のプレート(おかず4品)」
とあったので、おかずの内容を聞いてみてたら、4品中、2品しかわからなかった。

しかも、
「ギュウスジヲココナッチュミルクデニルノヤツ」
を、たった4品だというのに、最初と最後に繰り返しで言ってきた。
どうやら、記憶もあまり得意でないらしい。

結局、内容不明のプレートは避け、
ナシゴレンとサテのセットにしました。
オイシカッタデスヨゴチソウサマ。

RIMG0005.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit