<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
chaotai
暑いと食べたくなるもの。

辛いもの。
(酸っぱいものもだけど)

辛いもの=やっぱり(?)エスニック。

はい、そんなわけでタイ料理に決定です。
そうと決まったら新しいタイ料理屋に挑戦してみようということで渋谷のチャオタイに出かけてまいりました。
キレイすぎず(上品すぎるタイ料理はいまいちピンとこない)、でもごっちゃごちゃしすぎてもいなくて、わりとのんびりできる店内。

そして肝心のお料理。
うーーーーーん、ウマい!
店員さんのいいかんじにふてくされた接客もまたよかった。
ふてくされてるくせに、色々話しかけてオススメ品とかの話をうるさく聞いてみたら、ちょっと笑いながらカタコトの日本語で答えてくれた「ゼンブオイシイ、ボクニクスキ、キミスキ?」。
話ずれてるじゃん、と思いつつ、こういう会話がまた食事を楽しくしてくれるわけで。

今日こそはいつもと違うごはんものを、と思ったけれど、やっぱり大好物のガパオを頼んでしまいました。ほとんどわたしが食べちゃったね、ごめん、m。
タイ国政府商務省から認定されているだけあって、とってもおいしかったですよ。
そして何より、cpがよいよい。

RIMG0019.JPG

RIMG0021.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
dill gelato... yum...
y, e, s の3人と出かけた、恵比寿「坂」。
ここ、かなりヒット。

最初のアミューズ、お椀ものなどが4品プレフィックスになっていて、その後に主食やそば、デザートなどなどを気分と胃袋に相談しながらプラスしていくスタイルの和食+フレンチ的な落ち着いたお店。

ひとつひとつが美味しくて、それぞれの器がとっても素敵。
ちょうど、「器の質(別に超一流品とかでなくてはならないということでなく、こだわりが必要!)は食べ物を提供する上ですごく大切だ」という話を、sがを待っている間のに3人で話していたところ。やっぱり違いますよ、ええ。
そして、花瓶のような取手付き陶器のワインクーラー、個人的にかなり好き。
お料理のテーマのcuisine japonaise et francaiseがここにも表れてるわけですね。

どれもこれも美味しかったけど、最後のデザートがこれまた絶品。
どれも出しゃばるような味ではないものの、ものすごく繊細な存在感があって、中でも初めて食べたディルのジェラートに一同感激。

あーーーおいしかった。
そして、あーーーしゃべった。
特にs。
日本での超多忙スケジュールなんて微塵も感じらず。
素晴らしいエネルギーですわ。

RIMG0018.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
CIA
アメリカには沢山の料理の学校があって、その中でも名門と呼ばれている"CIA" (= Culinary Institute of America)がNY (NYC) と California (Greystone, Napa Valley)にあります。
わたしは、このGreystone校に2006年、夏休みの1週間を使って一度通って、それはそれは充実した楽しくて美味しい時間を過ごしたわけです。
そして今年もまた、行ってきました。

たくさん、たくさん学んで、たくさん、たくさん食べて、そして何より、素晴らしい出会いがたーくさんありました。
そんな大好きな仲間との集まり、今回はemaが主催しているweekendersで開催。

うーん。。。今日もほんとうに美味しい料理ばかりで、いやぁー、とっても幸せ幸せ。

美味しいごはんにワインに楽しい仲間とくだらない話でのバカ笑い。。。
最高ですね。まったくもう。

みんな、今日もありがと。

RIMG0005.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
新潟
表参道にある、新潟ネスパス館。

七夕はすでに終わってるというのに、何故か笹と短冊がドドンと入り口に飾られていた。
新潟=お米。
そんなわけで、色々な種類のお米やら、お米を使ったアイスやら、お饅頭、チップス、クッキー、などなどがわんさかと売られていた。

お米を食べることは当然、日本の食糧自給率向上につながるわけで、でもそんなこと以前に、お米って本当においしい。
日本は、当たり前かもしれないけど、お米を作るのにとっても適した気候・環境が整っている。そして本当においしーいお米がとれる。
私たちが慣れ親しんでいるジャポニカ米に関してはピカイチですね。
日本の楽しい(けど消えつつある、けど絶対に残していくべき)行事や慣習も、豊作への祈りが元になっていたりするわけで、とにかく日本人がお米を食べるのは本能と言ってもいいのかもしれない。
そしてまぁ、何より、日本の食事に合うこと、合うこと。
「あぁー無性にお米が食べたくなるぅー」という感覚、そして実際に食べて感じる幸せは、まさに「日本人に生まれてよかったぁ」的な感情を生むわけです。

とりあえず、今日は前から気になっていた「米めん」をめっけたので購入。
フォーのような感じなのかな??
うーん、気になる。

究極シンプルに、薬味たっぷりで食べてみようかしら。
ふふっ、楽しみ。

RIMG0002.JPG
RIMG0003.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
あじ南蛮づけ
わたしがスーパーでいつもチェックする場所。
「見切り品コーナー。」
安い。当日料理して使うなら支障なし(たまにひどいのもあるけれど)。あと、そこになければ買うはずもないものもたまに並んでいたりするから、意外なきっかけにもなる。

そんなわけで、昨日も仕事の帰りにスーパーに寄った。
で、赤タマネギ、黄パプリカを発見。
そして、朝の天気予報で「今週末は今年一番の暑さになります」って言ってたのを思い出した。
なんとなく酸っぱいものが食べたくなった。
というわけで、鯵とニンニクも買って、翌日の鯵の南蛮漬け用の材料購入完了。

しかし今日はほんっとーーーーに暑い!そしてめちゃめちゃ天気がよい!
夏が大好きなわたし、このじめじめーっとした感じもまったく嫌いでないわけで、朝から部屋の窓全開で料理。鯵をさばくのに手が臭くなり、鯵を揚げるのにさらにめちゃ熱くなり、でもかなり爽快。あとはこれを冷蔵庫でじっくり冷やして夜、食べましょか。

お昼は辛いのを食べよっと。
カレーもええなぁ。

RIMG0003.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit