<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
農家の台所
国立に本店を構える、「農家の台所」。
にんじんにしても、大根にしても、ヤーコンにしても、
それらを生産した農家の方々へのリスペクトが、よーくわかるお店。

こちらの名物はサラダビュッフェ。
なんだ、普通の生野菜のビュッフェじゃん、といえばそれまでだけど、
大きな違いはその味の差。

素材に相当こだわっているだけあって、例えばキャベツなんかはびっくりする程甘い。
えのき茸はなんと、生で食せる。
わたしの好きな、うるいだって、食べ放題。

そんなとても素敵なお店なんだけれども、
どれだけ素材本来の味が味わえるとはいえ、
生野菜をたんまり食べるというのは、
なんだか食べごたえに若干かけている気がした。
正直。

そして、流れてるお店の音楽と、
店内に掲げてある農家の方々の写真&名前入りの旗が目立つ内装の雰囲気と、
料理の味や盛りつけと、
さらには出入り口近辺で販売中の品々の、
その全体的なバランスがやや強引に思えて、
なんというかイマイチ満足感を感じられない。

身体にいいのはわかるんだけど。。。

ビュッフェ.JPG

農家の台所.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
PEACE for all
何年か前から、夏場の期間限定で現れる、二子玉川のPEACE CAFE。
今年は、より立派になって、そして少しばかり場所を変え、登場。

ここ、別にずば抜けておいしいわけでもなければ、
コストパフォーマンスだって決して良くない。
けど、河川敷のその立地が、晴天の日なんかには絶好なわけで、
いつも人で賑わっている、ちょっとした人気店。

そこで、天気が抜群に良いある日、
昔っからの仲間、yki, ako, nriと優雅にランチをしてみる。
なんとも気持ち良すぎる天気をどっぷり味わいながらの、
相変わらずくだらないネタでお腹を抱えるほど笑いまくる私たち。

これぞ、最高に贅沢な時間。
ごちそうさま。

peace cafe.JPG

p cafe.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
生みの親は天才なり
鼎泰豊(ディンタイフォン)
本店を台北におく、点心レストラン。
30年以上もの歴史があって、その評判はNYタイムズ紙が世界のTOP 10レストランに選んだほど。
日本でも、新宿や新橋など、あちらこちらでその味が楽しめる。
そしてその看板メニューが、小龍包。

ドサっと針ショウガをのっけて、
酢醤油を適量垂らしたら、
やけど承知で、思いっきり口に放り込む。
スープをこのようにして包もうと最初に考えた人は、
間違いなく天才です。

小龍包とセットで食べたスーラータンメン。
この「酸+辛」の組み合わせを最初に考えた人も、
間違いなく天才です。

スーラー.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
モリモリ食べて、モリ上がる。
栃木出身のshoが、
お気に入りのラーメン屋さん「一品香」で餃子を買ってきてくれた。
そこで急遽、我が家で餃子パーティーを開催。
こちらの餃子は、皮はもっちり、具はどっさりの、
小さめの肉まんくらいある相当なボリューム。
でも、mch, nriも集まって、全3パック、あっという間に平らげられていった。

餃子をたんまり食べて、
お酒もたんまり飲んで、
最後は、朝までカラオケで騒ぎ明かす。

大の大人5人を、
ここまで楽しい気持ちにさせてくれるお酒と餃子って、素敵。
でも、裸でミッドタウンで騒いではいけませんね。

今年こそは、宇都宮餃子祭りに行こう。

一品香.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ぷらりと、たまぷら
たまプラーザ。
私が生まれ、幾年か暮らした、恐らく最も故郷と呼べる場所。
その頃は、東急とイトーヨーカドーが駅前でハバをきかせていたけれど、
ここ最近は、巨大開発計画のもと、駅周りを中心とした新スポットがぞくぞく誕生。
見慣れた街並みが見られなくなるのは、少しばかり寂しい気持ちもするけれど、
2010年を完成予定としたこの駅の未来像、かなり楽しみ。

たまプラーザには、昔っから、美容院(なぜか)と、おいしい飲食店が豊富。
ベルグの四月やDEFFERTなどのパティスリーもよく知られているけれど、
未だ人気の途絶えないBackerei徳多朗は、このエリアの住民に限らず、とても有名なパン屋さん。
そして、このパン屋さんが数年前にオープンした the EARLY BIRD cafeも、オープン以来大盛況。

お客さんは、いかにもこの街らしく、ママ&ベビーもしくは、ママ&キッズ同士の仲間が大半。
メニューにあるパスタやピザは、パン同様、粉や製法が徹底していて、さすがといったかんじ。
さらに、粗くつぶされたコーンの粒がたっぷり入ったコーンスープ、
豆腐とクリームチーズを混ぜ合わせて作ったベーグル用のスプレッドなど、
粉もの以外にも丁寧なこだわりが感じられて、どれもが大満足の味わい。

帰りは、カフェから少し離れたパン屋さんにも出向き、タイムの入ったコーンパンを1斤購入。
焼きたてだったので、お店を出てすぐに思わずつまみ食い... うん、たまらん。
翌朝トーストして味わう、また違った香ばしさ... これまた、たまらん。

RIMG0002.JPG

RIMG0003.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit