<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
forever 同期
いつ会っても、いくつになっても、変わらない関係。
そして、互いに刺激を与え合って、笑い合える関係。
新卒で入った会社の同期とは、そんな関係で繋がっている。

気づけば、すでに随分と長い付き合いになる。
休職 転職 退職... その後それぞれに変化があったものの、
私にとっての同期とはこの先もずっと、この仲間。

今日は、同期の新米ママrieを皆で囲んで、ピークラウンジでプチお祝い。
やったら日差しが強いのが、まぶしいけれど気持ち良い。
食事はこまごまとしていて丁寧で美味しい。
けど、ちょっと量が少ないような。
でも、sweet fridayだからと無理ある理由で、デザートをオマケしてくれたので大満足。

にしても、相変わらず話が飛びまくる。
そんなマイペースな私たち、最高です。

RIMG0002.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
変わりもの
太さ
固さ
喉越し

風味...

こだわろうと思えば、とことんこだわれる、
それはそれは奥深い蕎麦の世界。
定年後のおじさま方がそば打ちにハマるのも無理ないし、
東京中が蕎麦屋で溢れていても、全く不思議に感じない。

注文するのは、たいていセイロ。
と思いきや、田舎も気になる。
さらに、ブチブチ切れるのはあまり好きじゃないけど、ズバ抜けた香りの良さで十割も捨てがたい。

そうやって迷った挙げ句、やっぱり定番のセイロを...
と決めたつもりが、一皿追加で頼んでしまうのが、変わり蕎麦。
季節感も味わえて、なんだか得した気分になる、旬の蕎麦。
柚子、よもぎ、茶、卵なんかはよく目にするけれど、
このたび初めて出会った、桜の葉の塩漬け入りの、桜切り。

蕎麦をすすりながら桜餅を食べている気分も味わえる、一石二鳥の春蕎麦体験。
たいへんおいしゅうございました。

それにしても、ウコン切りや、アワビ切り、唐辛子切り、なんてのもあるらしい。
大分強引な気もするけれど、たいへん気になります。

さくらそば.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ハイナンジーファン
シンガポール。
とても近くにあるのに、未だ訪れる機会のない国。
そして、近いうち必ずや訪れたい国。
目的はズバリ、食。
はい、マーライオンじゃありません。

シンガポールの食といっても、特別に狙っている一品がありまして。
それはもちろん、チキンライス。
やわらかーく茹であげたチキンと、その旨味たっぷりの茹で汁で炊き上げたライス。
ジュワッと出てくる肉汁と、タイ米独特の香り。
この組み合わせがたまらない。
そして、個人的にはあのソースがつぼ。
ショウガ汁、甘辛い醤油ダレ、そしてチリソース。
最初は、丁寧に味を楽しむために、ちょっとずつソースをつけていくけれど、
途中からは、小さくブツ切りにしたチキンに全部をぶっかけて、ごちゃ混ぜにして口に放り込む。
もちろん、たっぷりのシャンツァイと一緒に。

これ、実は調理法もとっても簡単で合理的。
今度はおうちでやってみようかしら。

チキンラス.jpg
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
春、サンサイとー
いよいよ、本格的に春到来。
桜の開花も異例の早さで、今週末にまで迫ってきた。

春が来るとワクワクする。
太陽が与えてくれるエネルギーに、毎年ながら改めてありがたい気持ちになる。
そして、四季がある日本って本当にスバらしい、と、これまた毎年ながら改めて感謝感謝。

当然、春の芽吹きを感じるこの季節には、旬の食材を楽しむに限る。
新じゃが、新たま、筍。
それに、えんどう豆やグリーンピース、菜の花など緑の野菜もたくさん。
あと、ゼッタイに外しちゃならないのが、山菜。
こごみ、たらの芽、よもぎ、せり、
わらび、つくしに、ふきのとう。

山菜好きなのはykiも同じく。
そう、以前にも書いたように、ykiとは昔っから異常に味覚が合う。
そんなyki手作りの、ふきのとうとホタルイカのパスタ。
日本酒にも合いそうなこのオツな組み合わせ、天才的なウマさです。

RIMG0002.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit
ngon! ngon!
ベトナム料理、かなり好き。

野菜ががっつり使われたヘルシーメニューにもかかわらず、
その酸っぱいだか辛いだか甘いだか塩っぱいだかの複雑な味わいが、
人々(特に女性)を魅了するアジアンフード。

生春巻き好き。
フォー好き。
カレー好き。

中でもハマっているのが、ykiとのベトナム旅でドツボだった2品。
1品はバインミーという、見た目フランスパンのようなパンを使ったサンドウィッチ。
ただ、いわゆるフランスパンよりも遥かにスッカスカで、
中身は決して贅沢とは言えない、ペラペラのハムやら、原材料不明のパテ、さらにナマスや香草など。
これが、もっのすごくウマい。

もう1品は、バインセオという、いわばベトナム風のお好み焼き。
黄色い見た目からして卵を使っていると思いきや、実はターメリックで色づけされている。
その黄色くて薄いクレープのような生地で、海老とか豚の端くれのようなものと、もやしを包む。
さらに、それをレタスや香草(洗面器に入ってどっさり出てきた)と一緒に包んで、
ニョクマムとか酢とかニンニク唐辛子が入ったタレにどっぷりつけて口に放り込む。
これまた半端なく、めちゃウマい。

やっぱり現地で食べるのは、その独特の雰囲気もあって最高なのだけど、
日本でも十分においしいベトナム料理を食べられる場所は沢山ある。
ただ、洗面器でパクチーやらミントやらを提供してくれる場所は、衛生的な面からか未だ見かけたことがない。
あったらいいのにな。

vietnam.JPG
permalink | comment(0) | trackback(0) | edit